2007年04月05日

スマブラX収録曲『テーマ・オブ・タラ』のテーマをネットで聞いてみよう!(後編)【HIDECHAN!ラジオより3】

今日も、大乱闘スマッシュブラザーズXの開発者、桜井さんが登場している音声版「HIDECHAN!ラジオ」第60回(2006年5月15日)の紹介の続きです。


音声版「HIDECHAN!ラジオ」第60回は、このページの桜井さんと小島監督の写真付きバナーをクリックするとネットで聞くことが出来ます。
(この音声は、2006年5月ということで去年のE3に参加される直前に収録されています。)

ファミコン版のBGM「Theme of Tara(テーマ・オブ・タラ)」も、この音声版「HIDECHAN!ラジオ」第60回で聞くことが出来ます。



・・・・・では、ラジオの続きです。

小島監督はスマブラXでは、もちろんスネークを使うそうです。


スネークのジャンプは、低いジャンプだと伝えられていますが、このスネークのジャンプについては、もめたそうです。
そして、ジャンプ用の必殺技に何か隠されているとのこと。
何か道具を使うのでしょうか?

小島監督、宮本茂先生のマリオが出て来たら一切戦わない。その代わり、リンクはボコボコという発言。一同爆笑。



そして、ニンテンドックスの話題へ。
ニンテンドックスのワンちゃんたちは、軽く登場するみたいで、ファイターとしては戦わないとのこと。




スネークは、ゲームの年齢制限が上がってしまうなどの理由で、ナイフ・拳銃・マシンガンを使わないとのこと。
ロケットランチャーは使えるとのこと。

今回ののコンセプトは・・・・言うと怒られるそうで発表できないようです。

桜井さんいわく、「いろいろな人が期待している中で、ゲームを作れることを楽しめないとつらい」とおっしゃています。



小島監督いわく、桜井さんは、プレゼンの時も、動く映像を使ったりして工夫されていて、すごいそうです。

桜井さんは、スマブラXのスネークの技やモーションを考えるときに、スネークのフィギュアを使って、いろいろ考えたりもされているみたいです。

そのフィギュアもどんなのか気になりますね。




第61回以降の放送にも桜井さんが登場されていますので、またご紹介します。


[参考]
■HIDEO BLOG
http://www.blog.konami.jp/gs/hideoblog/

posted by えっくすマスター at 06:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ♪大乱闘スマッシュブラザーズXの音楽♪
この記事へのコメント
最近掲載されている物が最新じゃ
無くなってきましたな…。
やっぱりエクスマの最新情報が無いからでしょうか?
ここに出ていないことを書くと…。(出ていたらすいません)
·スネークはロケランの他に手榴弾も使う。
·武器の年齢制限以外のことも書くと、
外国でもこのエクスマは発売します。
当たり前ですが、日本と外国は環境が違います。
…なんの事かというと、外国では常に銃やらなにやら
持って自分を守らなければいけないことがある。
この事から配慮して、使わない事にしたそうです。
ちなみにエクスマの投稿拳でこんな事を聞いた方がいました。
その内容はスネークの[武器]についてです。
投稿者「銃とか出さないのは年齢制限が
あるからですよね?だったら血を出さなければいいんじゃないですか?」
と、聞いていました。しかし桜井さんは…。
桜井さん「外国では…(以下似文)だから、
血を出さない、出す。そういう問題では無いのです」
と、おっしゃってました。
これにより銃を出さないのが確定したわけですね。
ここに書いてある銃についての情報が少なかったので書いておきました。(ここを見て、年齢制限が出るなら血を…という人が出そうなので…)
他にも情報を出すと、漫画キャラの
登場は絶対にあり得ないという事です。
以上カビビでした。長々とすいませんでした!
Posted by カビビ at 2007年04月06日 00:41
カビビさんへ。

>最近掲載されている物が最新じゃ
無くなってきましたな…。
やっぱりエクスマの最新情報が無いからでしょうか?

情報が少なくて困っている・・・。ということもありますが、僕のブログでは、スマブラXの情報が網羅されている状態にしたいと思っています。

知りたい情報を探すのは、カンタンそうで意外と難しく、何よりも面倒ですから。



あと銃などについて。
事件などで犯人がスプラッシュ系のゲームやホラー映画を大量に持っていると、
「ゲームや映画で相手を銃を使い、血が噴出するシーンを見る」=「実際に銃で人を撃ちたくなる」というように安易に結び付けられることが多いですよね。

そういう風にゲームが一方的に悪者にされることが多いこともあり、リアルな攻撃シーンは、特別に影響力が大きいスマブラXでは、排除されても仕方がないのかもしれませんね。

発売されなくなったり、年齢制限がかかったりすると悲しいので、それも致し方ないのかなと思います。
Posted by えっくすマスター at 2007年04月06日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。